洋服で花粉症対策

 

花粉症対策を考える場合は屋外での対策を考えるのはもちろんのこと、せっかくしっかり対策をしても屋外で活動した際に衣類や髪の毛にたくさん花粉が付着してしまい、それを自宅に持ち帰ってしまうことがあります。
それが原因となって花粉症を発症してしまうこともあるので注意する必要がありますが、屋内であれば花粉が空気中を舞っているという直接的なイメージが湧きにくいこともあり花粉症対策が不十分になりやすい特徴があります。
屋内の花粉は窓を開けていなければ入ってくることはないので屋内に入ってマスクを外した途端に鼻のムズムズや喉の痒みが見られる場合は自分自身が持ち込んだ花粉が原因となって症状が起こっていることも考えられます。
屋内に空気清浄器や加湿器を設置して花粉を取り除くということも有効な方法ではありますが、その前にできるだけ自宅に花粉を持ち込まないようにすることも花粉症対策を考える上で重要なポイントになります。
付着しやすい洋服の素材に意識することも対策を考える上で重要なポイントになってきますが、一般的にはウール系が付着しやすいと言われていて冬時期になると保温効果が高いウールを好んで着用する人が増えます。
ポリエステルやナイロン系は花粉を付着させにくい構造になっているので一番外になる部分の衣類については花粉が付着しにくい素材を選ぶとよいでしょう。
また静電気も花粉を集めやすい性質があるので静電気が起こりにくい素材の衣類を着用するのもポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。